ACTIVITY

  • はじめての鹿の解体

    静岡県内で捕獲した鹿を、ナイフを使って、はじめての解体に挑戦します。
    皮を剥ぎ、部位ごとにばらし、精肉することを通して、通常なかなか目にすることがない、動物が肉になる流れを体感します。鹿肉の試食もあります。
    鹿の解体から、食や命の問題だけでなく、アウトドアや環境問題、自然とのかかわり方などに関するヒントをたくさん感じることができると思います。
    ※同時開催する「富士山環境展」の展示もご覧ください。

    PROFILE

    「森のたね」
    富士山麓でネイチャースクールを営む。農林水産業に従事しながら、森づくりや野生動物にかかわる里山保全活動、自然ガイドを中心とした環境教育活動、森の未利用資源活用、など「人と森の距離を近くする活動」をおこなっている。

    参加費用など

    4/17(土曜) 11:00 - 13:00
    定員50名
    費用4,000円

    ENTRYはこちら
  • 鹿皮鞣しと鹿革クラフト

    前日に解体したときの鹿皮を鞣す体験と、植物タンニンで手鞣しした鹿革をつかって、オリジナルのコインケースを作ります。手間と技術をかけて鞣すことで、革として「再生」します。
    革は身近に使っていても、なかなかることのない「鞣し」を体験し、革の背後にあるストーリーを感じてみませんか。
    ※同時開催する「富士山環境展」の展示もご覧ください。

    PROFILE

    「森のたね」
    富士山麓でネイチャースクールを営む。農林水産業に従事しながら、森づくりや野生動物にかかわる里山保全活動、自然ガイドを中心とした環境教育活動、森の未利用資源活用、など「人と森の距離を近くする活動」をおこなっている。

    参加費用など

    4/18(日曜日) 11:00 -13:30
    定員25名
    費用4,000円

    ENTRYはこちら
  • ライブ藍染め

    当日は手拭いを準備しております。その場で簡単な絞りなどを行い、染色体験を行います。
    また、染色のご依頼も受付を行います。自然素材のものに限りますが、汚れてしまって着る機会のなくなってしまった洋服などを藍染してみませんか?
    染め直したい!染色したい!ものがあればぜひ相談にお持ちください。
    その場で染色できるものは染色いたします。

    蒅(すくも)はタデ藍という植物の葉を乾燥させ、100日以上かけて発酵させてつくる染料です。
    蒅を原料に染色液を作る工程を『藍建て』といい、日本では古来より伝統技法として『天然灰汁発酵建て』という方法が用いられてきました。木灰からとった『灰汁』をベースに『蒅』『貝灰』『麩』といった天然素材のみを使用し、約1~2週間の発酵期間を経て、染色液をつくっていきます。
    藍色に染め上がる過程は、発酵菌による『還元』と『酸化』の反応によるもので、その他の植物染色過程と異なるプロセスを踏みます。
    発酵菌という生き物の力で染め上がった色は、化学染料にはない「不均一さ」があり、日の光の当たり方で冴えた深みのある表情を見せてくれます。また、藍色を纏った繊維は丈夫になり、色移りしにくいという特徴があります。
    ぜひこの機会に触れてみてください!

    PROFILE

    Watanabe’s
    渡邉健太
    藍師・染師

    阿波藍の産地として知られる徳島県上板町を拠点に藍の栽培、染料となる蒅(すくも)造り、染色、製作を一貫して行う。

    ​蓼藍という植物の葉を乾燥、発酵させてつくる蒅をもとに、日本の伝統技法 ’’天然灰汁発酵建て’’ を用いてつくられる藍色は、深みのある、冴えた色合いが美しく、色移りしにくいという特徴を持つ。

    ​古き良き日本の伝統を残しつつ、新たな機軸で藍を伝えるべく、国内外で幅広く活動を行う。

    ​堆肥造り、土造り、種まき、育苗、栽培、蒅造り、染色液の仕込み…
    Watanabe’sの藍色は、関わる全ての方々と全ての過程に想いをもって取り組んだ結果の副産物である。

    ​伝統工芸という枠から少しだけ工業化に戻すこと。
    暮らしに寄り添う色として、人々の生活に馴染んでいくものづくりを考える。

    参加費用など

    随時開催予定ですが
    藍染液の中は発酵の世界です。ゆえにいきものと一緒です。
    液の元気がなくなったら締め切りといたします。

    ・手拭い染色 ¥2,500
    ・持ち込み染色 ¥30/g(Minimum ¥2,000~)
    150gのTシャツの場合は 150g x ¥30/g = ¥4,500 となります。
     Minimumの料金設定がございますので65g以上のものをご準備いただけたらと思います。
    ・その他、イレギュラーでの染色のご相談大歓迎です。

  • Big O project ライブプリント

    Big O projectのカザマナオミです。
    着なくなった物に新たにシルクプリントを施して
    新たに生命を吹き込んでみませんか?

    あなたの家に眠っているもう一度着れる古着の
    お持込をお待ちしております!

    PROFILE

    カザマナオミ 

    参加費用など

    随時開催予定

  • Re Connect YOGA

    もう一度、自分の身体とつながって
    もう一度、自分の呼吸とつながって
    もう一度、自分自身とつながる
    そして、最後は地球とつながっていく

    自分自身を大切にすれば、自然と周りにも地球にも優しくなれる
    まずは自分とつながり直すことから始めよう!

    呼吸と動きを合わせておこなうヴィンヤサフローヨガ
    難しいポーズはありませんので初心者の方でも安心してご参加いただけます。
    気持ちの良い芝生の上で、一緒にヨガしてみませんか?

    PROFILE

    檀千早(だんちはや)
    15年前に東京から長野県へ移住。八ヶ岳を望む絶景の地にてヨガコミュニティサロン「YOGA exchange」を立ち上げ、自然と共生しながらヨガを楽しむ。
    好きなことは、旅と温泉。いつか海の近くに暮らすのが夢。

    参加費用など

    定員6名 ¥500 ヨガマットレンタル付き
    開催時間 
    4/17 sat 11:45~12:30 15:00~15:45
    4/18 sun 10:45~11:30 14:00~14:45

    *様子見ながら増やすかもしれないし、減らすかもしれないし(笑)です。

    ENTRYはこちら
  • 再び服をつくる古着回収

    このイベントのオフィシャルグッズである
    Jerry鵜飼さんのプリントが入ったスウエットシャツは
    古着から生地を再生活用して
    BRING × UNHALFDRAWINGの製品として作られます。

    ペットボトルの回収は年間国内では60万トンがリサイクルにまわされており、そのうち繊維生地(カーテンなど)へのリサイクルは約半数50%の30万トンといわれています。

    対して世界の新規でのポリエステル繊維の生産量は5200万トン。

    ペットボトルからのリサイクル可能30万トン
    vs
    新規生産化繊ウエア5200万トン


    この現状を見るとあなたの古着の一着をあつめて
    良質なケミカルリサイクルを施す。
    未来にまた同じ技術でこのスウエットシャツを
    リサイクルした場合、状95%の精度で再度リサイクルが可能な
    循環型のサイクルを作り出すことが
    価値のあることだとおもいませんか?

    リサイクルできる服を選ぶ

    服を回収する

    再び生地を作る

    このような小さな活動でも決して
    無駄ではない行動なのではないかと思いませんか?

    ペットボトルリサイクルだけに頼らず
    服から服を作ろう。
    再生のループを何度も。

    はじめよう。
    価値観の変化、今その時です。

    PROFILE

    BRING✖️UNHALFDRAWING
    BRING(日本環境設計)の服から服を技術を活用した
    UNHALFDRAWINGの再生プロジェクトです

    MESSAGE

    服の回収にご協力いただいた皆様に
    UNHALFDRAWING特注の
    (re)generate!"再生"ステッカーを差し上げます。

    参加費用など

  • Vivobarefoot 裸足でスラックライン体験

    子どもたちと一緒に裸足で遊ぼう! スラックラインというスポーツは裸足で足裏からの情報感覚をしっかりとキャッチすることがライン上でバランスをとるためにとても大切です。
    自然の中でスラックラインで遊びながら私たちの足、裸足がどれだけ素晴らしい機能持っているのか体験してみませんか?

    PROFILE

    Vivobarefoot JAPAN チームはスラックラインも大好きです!
    子どもたち、子供のように遊べる大人たちの皆さん、一緒に裸足になって遊びましょう!

    参加費用など

    無料

  • 足の機能再生エクササイズ Toe-ga (トーガ)

    Vivobarefootが推奨する足指の強さと柔軟性を取り戻すエクササイズ 【 Toe-ga (トーガ)】
    私たちの足(足もと)には26個の骨、33個の筋肉、そして20万もの神経終末が備わってます。しかしそれらの殆どの機能が現代社会の”靴を履く生活”によって眠った状態になってしまっていることをご存知でしょうか?

    このToe-ga (トーガ)というエクササイズは、それらの筋肉や関節可動をもう一度目覚めさせるための最良の運動として今世界から注目を集めています。

    今回のアクティビティではVivobarefoot JAPAN の専任スタッフがこのToe-ga (トーガ)をご紹介します。自然豊かな(re)generate!会場で自身の足の再生の一歩を体験してみませんか?

    PROFILE

    Vivobarefootは私たち人間の土台である「足」のちからを取り戻し、再び地球の上に力強く立つために必要最低限の靴(ミニマルシューズ)を作ります。
    力強さを取り戻した足は人間が生まれ持った能力を呼び覚まし、 周囲の環境と私たちを再び結びつけてくれます。全身の感覚をフルに使って、この美しい世界を満喫してほしい。 靴をの性能をミニマルに。そしてあなた自身を最大限に活かしましょう。

    参加費用など

    開催時間 10:00 ~ 16:00
    随時 Vivobarefoot ブースにて行っています。
    ご希望の方はスタッフまでお申し出ください。
    定員:なし
    無料